STRUCTURE/
SECURITY

SECURITY

  • 24時間対応の総合監視システム

    コントロールセンターで24時間遠隔監視を行い、万一住戸内で異常が発生すると、登録された連絡先に電話をして異常の内容を確認。速やかに緊急対処員を急行させるとともに、必要に応じて110・119番に連絡するなど適切な処置を施します。

  • オートロックシステム

    エントランスには、オートロックシステムを採用。来訪者の姿と声を住戸内のカラーモニター付インターホンで確認してから解錠できます。さらに、玄関前でも来訪者の姿と声を確認できる、二重のセキュリティを構築しています。

  • 次世代のキーレスエントリーテクノロジーハンズフリーキー「Tebra」採用

    「Tebraキー」をカバンやポケットに入れたまま住戸玄関ドアのリーダボタンを押すだけで施錠・解錠が可能な「Tebraplug」を採用。また1階のエントランスやエレベータードア、さらに宅配ボックスもキーを取り出すことなくハンズフリーで、認証から解錠する事ができます。

  • クラビス・4重ロックシステム

    エントランス・エレベター前・行き先ボタン・住戸玄関の計4ヶ所のロックシステムを採用。それぞれキーを認証させる必要があるため、不審者の侵入を最大限阻止します。居住者は、カバンなどにキーを入れたまま近づいて検知させるだけでロック解錠。しかも共用玄関でロック解錠した時点で、エレベーターは自動でエントランスへ呼ばれます。夜間は居住階まで停止しないノンストップ直行運転となります。

  • カラーモニター付ハンズフリーインターホン

    エントランスへの来訪者をカラー画像と音声で確認できるインターホン。手がふさがっている時に便利なハンズフリータイプです。

  • 防犯カメラ

    エントランスや駐輪場、エレベーターなどに録画可能な防犯カメラを設置。もしもの際に備えて映像を記録しています。

  • クラビスF22シリンダー

    約5兆5,000億通りもの理論上の鍵違い数を有し、不正解錠や不正複製が困難なクラビスF22シリンダーを採用。

  • 鎌式デッドボルト

    バールなどによる不正解錠を防ぐ鎌式デッドボルト。鎌状にせり出る部品が噛み合うことで、こじ開けに強い抵抗を発揮します。

  • 防犯サムターン

    サムターン(内カギ)を回しての不正侵入を防ぐため、工具を使っても回しにくい防犯サムターンを採用しています。

  • 防犯マグネットセンサー

    各住戸玄関ドアにマグネットセンサーを装備。異常を感知すると、警報音を発し、警備会社に自動通報します。

※掲載の写真・イラストはイメージです。※カーテンは別途工事が必要です。設備の操作にはwi-fi環境、専用アプリのダウンロードが必要です。詳しくは係員にお尋ねください。